Amanda

吐き溜まり。

2019年7月8月9月10月の短歌

まだ匂いだけのとり天夕餉まで一時のグウを持て余す

伝言をこんがらがせて彼女への想いを隠す罪悪感で

私よりいくらも高い背のせいであなたの顔は隣じゃ見えぬ

ななめから見下ろす貴方心臓が動いていないのが口惜しい

秋晴れの良い日に向日葵纏わせて貴方に似合う花を私に

予期しない長き休暇を耐えるため必要なのは好奇心なり

ろくでなし同士の二人はべらべらとしゃべって大事な何かを溢す

子をとろ子とろ口ずさむ軽快に私にとっては意味ない話

新宿で降りる気分でないままに私が下りる駅は新宿