Amanda

吐き溜まり。

2020年5月から2020年10月の短歌

春はもう此処に在らずと知った時紫陽花の葉の緑色濃く

夏はまだ通り過ぎてもいないのに気分は秋の残暑みたいな

鮮明な緑は夏を忘れない泡が弾けたクリームソーダ

あの人の実家があった名前だけ聞いたことある千葉の船橋

朝倉がこの後財布を忘れても夏は透んでて空は青くて

「5時半でござる」と君が口にして足音立てずトイレに向かう

泥棒は子の刻にあり冷凍庫より盗み出すアイスキャンディ

しろくまを美味しいと言う唇でさよならなんて口にするのか

名前だけちょっと知ってるアイドルのかわいい顔を描いたのはモネ

抱擁は愛の囁き止め処なく流れるときが愛おしかった

止まらないソーラーシステム君がその木星に針を落とした

手羽先の骨にがぶりと齧り付く君の姿を前世でも見た

飲み会で一缶づつしか飲めぬ吾の縦に並べた友達の数

縦波がわからなかった高3の夏も僕らは自粛していた

マチュピチュに行きたいわけじゃないけれど君の気を引くように「行きたい」

この貝もかつては海で暮らしてた貝殻で描くいびつなハート

遥か先そんな九月は半ば過ぎドゥユ・リメンバー夏の青さを

偶然の点と線とが描き出す蜘蛛の災難雨の芸術

理科室で溶かす金属泡となれ夏の終わりの音が聞こえる

新品の足裏掴む木の床を傷めぬようにそっと椅子引く

 

2019年11月から2020年4月の短歌

二月から私一人が神隠し職場でああいた、ああいうあの子

初夏を行く電車の中の学生の脚の開きで暑さを知る

もし明日中央線にすわれても好きと伝えた今日は本当

半分はゴミ箱に行く言の葉は捨てた分岐の石に重なる

鉛筆を持つ手は汗ばむつかの間の涼しい風が吾を取り巻いても

乳房と木綿のシャツの間から湧き上がる風籠る焦燥

残高が人生の価値を突きつける大丈夫だと誰か言ってよ

幅跳びで一メートルも飛べずとも夢の中ではジャンプが得意

白魚にあれやこれやを言う人を気にせず泳げ振りむきもせず

ミミズ這う路は異世界いつの間に私は小人日差しを浴びて

幻想とリアルのどちらも切り取ってカメラと行くよ曖昧なまま

会った人みんなにさよなら会釈してどこか行きたいどこも行けない

『遅れます。』秋へと変わる新宿で共に君待つふやけたタピオカ

君の顔よりも大きいパンケーキよりも美味しい君の笑む顔

じゃあまたと「また」があるのか聞けぬまま中央線の改札口で

透き通るいつもの道を流行が耳を過ぎゆくマリーゴールド

道端のオレンジ揺れるあの歌を植えた誰かも耳にしたのか

揺れるのは君か私か想い馳せ私であればいいなと結ぶ

寒空に負けじと揺れるオレンジの首のなんと細きか

いつのまにどこへと消えたオレンジのマリーゴールドまた来年ね

「そのままのおまへじゃとてもふれられぬ」だけどあなたは刃先を抓む

私はね地獄の底に住んでいる地上に君を置き去りにして

家に来て最初に一言ゴミだした?なんて言うとは思わなかった

夕暮れはパステルピンクこの空の生きる時間はとても短い

あっという声と酢豚が宙に舞う転がった先で私が笑う

「置」という漢字を探す21時30分(くじはん)に目にちらつくは巣鴨拘置所

「夏が来る!」ところで僕のお出かけはローソンだけになってしまった

路地裏を流れる風に少し乗り足を延ばすとローソンに着く

 

お題「#おうち時間

写真同人誌を作成しました。

本当は4月5月に同人即売会を控えていたのですが昨今のコロナ騒ぎでイベントが全中止になりまして、いったん新刊発行もキャンセルしようかな、と印刷会社に連絡したのが4月のはじめ。初めての歌集と推しカプの本とメンヘラ合同エッセイ集を出すつもりだったのに…。そういえばコミケも中止になりましたね。

 

そんな話を交際相手としている間に話題になったのが、イベント中止による印刷所のキャンセルからの財政逼迫の話でした。私、思いっきり逼迫させてるやんけ。微々たる額ですが件数にして3件ぶん。私だけでなくほかのサークルさんもキャンセル入れているとするとちりも積もればなんとやらですね。

 

そんなこんなで、いつもお世話になっている印刷所さん:STARBOOKSさんの支援をしたいなと思いまして(よく考えればキャンセルせずに新刊出せばよかった話だったんですが)原稿作成があまり難しくない写真集を出すことにしまして、先日届きました。

 

装丁と内容はこんな感じ。

 


冷たいからだ達 Cold bodies

 

はてなブログは動画が投稿できないらしいので私初めてYouTubeに動画投稿しましたよ。意外と簡単なんですね。設定がよくわからないので宣伝は入れられなかったんですが特に宣伝することありませんでした。強いて言えば私を支援するつもりで写真集買ってください。

 

それは置いといて、このキラキラ見て。ミランダ黒のキラキラとホログラム箔押しのキラキラのダブルキラキラです。控えめに言って最の高。やっぱり自分の本を手に取るとドキドキして楽しいですね。それが在庫になろうとも…!

 

それにしたって、印刷所さんには頭が上がりません。この写真集出すときも何回か原稿ミスの連絡を丁寧にしてくださって本当にありがたかったです。また、STARBOOKSさんにお願いすると思います。あと、みんなも気軽に写真集出そうよ。簡単だよ。

 

写真集の購入はこちらから↓

amamayaunduy.booth.pm

 

お題「#おうち時間

2019年7月8月9月10月の短歌

まだ匂いだけのとり天夕餉まで一時のグウを持て余す

伝言をこんがらがせて彼女への想いを隠す罪悪感で

私よりいくらも高い背のせいであなたの顔は隣じゃ見えぬ

ななめから見下ろす貴方心臓が動いていないのが口惜しい

秋晴れの良い日に向日葵纏わせて貴方に似合う花を私に

予期しない長き休暇を耐えるため必要なのは好奇心なり

ろくでなし同士の二人はべらべらとしゃべって大事な何かを溢す

子をとろ子とろ口ずさむ軽快に私にとっては意味ない話

新宿で降りる気分でないままに私が下りる駅は新宿

 

どうして

長い間実家に置いてあったエレクトーンの始末をつけることとなった。

私にとっては10年以上も触っていない代物で、習っていた間も息苦しかったし、楽しくもなかったし、楽しくないから練習をしなくて下手だったしというあんまりいい思い出のないものだ。それを始末する。

業者の人が来て引き取っていったらしいけれども、その作業中に母が言った「あんたは名残惜しくないの」という一言で気分が悪い。

辞めさせてほしいと言っても辞めさせてくれなかったくせに何が名残惜しいというのか。どうしてそんな風に思うのか。思うと思っているのか、理解に苦しむ。

そんなにあなたが名残惜しいならあなたが弾けばよかったのに。

引っ越しました

転居届も出したので晴れて某市民です。駅の周囲が開けていてお気に入り。

アパートのようなところに住むのは初めてなのでUBがどうやってびしゃびしゃにならないかとかトイレが流れないのはどうすればいいのかとか気になっています。

部屋の広さは前より一回り小さくなっただけだからあまり気にならないかな。

良かったのはやっぱり窓が広いところを選んだところ。太陽光を浴びれるというだけでなんとなくいい気持ちがする。